bhanasanのブログ

カウンセリングを受けて本を読んで人生変わった花さんです。

神様に上手にお願いする先生の方法

こんにちは~🌸淡路島、引き寄せの法則の専門家、花さんです🤗

 

朝起きて自分に言うのは、【今日一日お願いね】っていうのを前々回のブログでも書かせて頂きました。

これは自分に言うイコール内神さまに言うことなんですが、内神さまが自分の中にいるんだったら外神さまっていうのもいるんですよね。

今回のお話しは、信じなくてもいいですよ~、ただこの神さまについて書いている本もありますので花さんは、この神さまはいると思っています。

ブログにもいくつか神さまの事を書かせて頂いた記事もあります。

これまでにカウンセラーの先生から紹介してもらった、私の人生を変えてくれた本の中で、高額納税日本一である斎藤一人さんの本にも神さまの事を書いています。

そして神さまには二種類あって、自分の中の内神さまと、外にいる大きい外神さま。

外神さまっていうのはこの世を創造してくださった大元の神さまであって、宇宙の中心になっている神さまがいるんですって。

天の中心にひとつだけ存在する絶対神といって、日本的には【あめのみなかぬしさま】天之御中主様、と呼んで、世界的にいうと「アラー」「ヤハウェ」「大日如来」「廬舎那仏」(るしゃなぶつ)、呼び方は色々ありますがみんな「大元の神さま」つまり【あめのみなかぬしさま】なんですね。

このあめのみなかぬしさまって、【古事記】の冒頭に出てくる、天も地もなく時間も空間もないところに現れたひとり神の呼び名なんですね。

斎藤一人さんの「神様に上手にお願いする方法」の本より引用させて頂きましたが、こういったお話しをカウンセラーの先生から同じように聞いてきた花さんです。

この神さまのお話しを書いた斎藤一人さんの本がこちらです。良かったら参考にしてみて下さいね。

それぞれのボタンをクリックすると、楽天さん等の購入画面に移ります。

 

 そして自分の願いを叶えるのは、【あめのみなかぬしさま】はでっかすぎて、地球上の人類や生物まで多過ぎてみんな見守る事は無理だから、【分霊】(わけみだま)というものを一人一人にくださっているそうです。

「わけみだま」と「あめのみなかぬしさま」は、電話機で例えると、電話の本体と子機という感じで繋がっているんですって。

その(わけみだま)を内神さまといって、つまり心臓の中に針の先程のひかりとして人間に備わっているということだそうですよ。

その内神さまにお願いをする事を花さんは、ブログにも書かせて頂いています。

その内神さまにお願いするのにちょっとコツがあると、先生のお話しにありました。

それは、その内神さまに【お願い】する時には、ため口でいいと前に書かせて頂きましたが、この前も先生のところで花さんは、【神さまお願いします】ってポロッと言ってしまい、先生はちゃんと聞いていて、いまの言い方だと敬語だから、自動的に外神さまになっているよ、って言ってくれて、(あっ、そうだったぁ~、また敬語で言っちゃったぁ~)(心の声)

そうなんです、敬語でお願いします、って言うと自動的に外神さまにお願いする事になるので、それじゃあ遠~いですよねぇ、だから願いは届かないッ。

だから内神さまを私たち一人一人につけてくれたんだぁ~。

お話しを聞いていてもついつい敬語になってしまう花さん。

もう長いこと花さんは神さまにはお願いします、って敬語で言う事に慣れてしまっているので、なかなか自分のしもべのように、ため口で言う事には馴染めませんでしたね。

そうそう、外神さまにもしも願いが届くのだったらとっくの昔にもう願いは叶っちゃっていますよねぇ~😄

それが、実はもう叶っている事もあるんですよぉ~、私は不幸ですッ、とか私は仕事に行けないんですッ、とか私は~ができないんですッ、とかね、思い込めば思い込むほどにその心の力は強いですよねぇ~😄

簡単にいうと、内神さまって、あれに似ているんですって、「アラジンの魔法のランプ」って知っていますよねぇ。

この魔法のランプって、私は不幸なんだって言うとちゃんと不幸にしてくれるんですね、

これは斎藤一人さんの本に書いていました。

 

だから花さんはこれまでず~っと不幸が当たり前になっていたのでそんなの気づかないッ😄

うわぁ~なかなかむずかしいなぁとも思うのですが、先生もこれは相当むずかしいですよ、って言っていました。

よし、それだけむずかしいのなら先生からお話しをもらった花さんは、これは挑戦だと思いきっとため口として、自分の分身あるいは自分にある魔法のランプに言うつもりで言おう、って思いました。

そこで先生はお願いのコツとして【お願いね】とか【よろしくね】でもいいのですが、もしも運転中に前から車が来ていて、ぶつかりそうな時に、その言葉を探すのに時間がかかっちゃいますよねぇ~、危ないじゃあないですかぁ、それって。

だから、もういっそのこと、

【お・ね・が・い】と、たったの4文字でいいと教わりました。

 

そうして先生から教えてもらった花さんは、日常生活の中で、【おねがい】【おねがい】と心の中で言っています。

どんな時も、おねがいッ、おねがいッ、おねがいッ、朝起きて【今日一日おねがい】、歩いている時も【おねがい】、寝るときも【おねがい】。

 

神さまにおねがいするコツは、何か問題が起きてからではなくて、なんにもないときでもおねがいする、これが本にも書いていますし、先生も言っていますから大切なコツなんだと花さんなりにそう思っています。

今回は、神さまに上手にお願いする先生の方法をお話しを聞いた中から書かせて頂きました。

貴方も、これなら出来そうって感じたら私と一緒に自分の中の神さまに言ってみましょうね。

花さんも、だんだん自分の事が今まで以上に大好きになり、自信もついて心とからだも本当に元気になっています。

今回も読んでくださってありがとうございます。

次回の投稿は、2019年5月6日(月)

午後10時の予定です。お楽しみに。

貴方に良き引き寄せが雪崩のごとく起きますように。

※前回にも花さんのブログにはてなスターをつけてくださった方へ、ありがとうございます💮